高血圧の人の運動に関する禁忌事項

スポンサーリンク

高血圧は生活習慣の乱れが原因の一つとされており、その乱れた生活習慣を修正するために適度な運動を勧められます。
ですが、これには禁忌事項があり、これに
気を付けないと命に関わる場合があります。
運動をすることで血管が広がり、それによって血圧が下げられる、また副交感神経が刺激されることによってこれでも血圧が下がります。
軽度の高血圧の場合はこのように毎日30分以上の少し辛いなと思うレベルのジョギングやサイクリング、水泳などと言った有酸素運動が推奨されます。
ですが、高血圧がある程度進んでしまっている場合はこれは逆効果になってしまい、生命に関わる場合ってくる場合があります。
特に常に血圧が高い状態にある人は一度一気に血流が良くなることによって心臓に大きな負担がかかってしまい、危険な状態になりかねないので、出来るだけ避けるように気を付けましょう。
特に医師からの指示がないのに運動が効果的であると信じ、自己流で行うのは危険です。

スポンサーリンク

それでは重度の高血圧の場合はどのように治療を行えば良いのでしょうか。
基本的にはまだ軽い段階で気づいて治療を行い始める人が多いのですが、重度になると治療はなかなか難しく、合併症を起こさない、これ以上悪化させないための治療になってしまいます。
悪化させないために、アルコールや塩分の摂取量を減らす、またタバコを吸っている場合はタバコをやめるということで進行を抑えます。
高血圧の合併症は心臓病や脳卒中というものであり、脳や心臓の血管が血流に耐えられずに詰まったり、破れたりしてしまうことで引き起こされ、最悪死に至る場合もあります。
また、この病気を患っている人は肥満や糖尿病、高脂血症も患っていることが多く、普段から食生活が濃い味のものばかりだったりお菓子ばかりだったりと問題のあることが多く、この乱れた食生活をただすのがなかなか難しくもあります。
ですが、これらを行うことで少しは改善することが出来ます。
それに加えて血圧を下げる薬を飲むことで進行を防ぎます。

スポンサーリンク