高血圧予防に食事にはヨーグルトがお勧めです。

スポンサーリンク

高血圧の人は塩分の摂取量に気を付けなければなりません。
塩分の1日の摂取量が男性は9.0グラムまで女性は7・5グラムまでとされています。
日本人は世界の他の国の人と比較しても塩分を摂りすぎると言われています。
漬物やつくだ煮などは塩分を多く含む食品ですから高血圧の人は注意しなければならない食品の一つです。
どうしても漬物が食べたいときには浅漬けにします。
塩分控えめにしてレモンやゆずなどの風味をプラスします。
ラーメンやそばやうどんなどのスープも完食せずに残す習慣を付けましょう。
煮物なども調味料の醤油などに含まれる塩分の多いメニューです。
野菜や肉などにじっくりと味がしみ込んだ煮物は美味しものですが塩分が多いので高血圧の人には工夫が必要です。
かつおだしや昆布だしなどのだしの風味を利かすと美味しくいただけます。
毎日の食事で塩分を控えるメニューを工夫することが必要です。
また摂取した塩分を排出しする働きを持つ食品があります。

スポンサーリンク

それは乳酸菌からできているヨーグルトです。
この食品が体に良いというのは良く知られていますが摂取した塩分を排出させることもできるのですね。
毎日の食事にプラスすることで手軽に食べることが出来ます。
プレーンタイプや果実を含んだものやドリンクタイプまでバラエティーに富んでいます。
かロリーが控えめなものもたくさんあるので高血圧の人でも食べることが出来ます。
このヨーグルトを食べることで塩分の排出を促すことが出来るのですから積極的に食べていきたいものです。
こうしてみると食品には必要な栄養素を持つだけではなく余分な成分を排出させる働きがあるということがわかります。
ヨーグルトは乳酸菌でできた優れた食品です。
ヨーロッパの人々は古くからこのヨーグルトを多く食べることでも知られています。
そして今ではヨーグルトの優れた成分から作られたサプリメントが開発されていますす。
高血圧の人には塩分を排出する効果のあるサプリメントがお勧めです。
毎日の食事に気を付けながらプラス効果を期待しましょう。

スポンサーリンク